ブログってやつは、書けば書くほど愛せるようになる。

最近、ブログを書き終わった瞬間の、ざわざわした感じは、だいぶ無くなってきた。

今まではPubishボタンを押すと同時に、0.1秒前までかかっていた魔法が切れて、なんだか心がざわついていたものだけれど。その感覚がかなり減った。

そしてまたすぐに、次のブログ記事を書くことが出来る。薬が切れたらすぐに次の薬を飲むみたいな感じで。そこまで体に悪くないジャンキー感覚。

波に乗り慣れて来たのかもしれない。

ブログを書くという行為と、仲良く付き合えるようになってきた気がする。

前よりも文章を書く感覚は軽やかだし、キーボードを打つ手も軽やかだ。

次の文章を考えながら悩む、空白の時間も減ってきた。

(「その時出ないものは、いくら考えても出ない」と悟った)

環境づくりの成果

たとえば、Wi-fiのつながる静かなカフェ、好きな時間を見つけたから、もう環境で悩むこともない。

右のポケットにはMacBookの充電ケーブルも収まっている。

キーボードの音もさらに、耳に心地良く響くようになってくる。カフェの環境音楽と、混じり合う感覚。そいつを楽しむ。

WordPressを使い始めてから

1日に書ける記事の上限個数も気にしなくて良くなった。