人生で一番好きなことは、ブログを書くこと。人生で一番嫌いなことは、ブログのアクセス解析を見ること。

この二つは同じ「ブログ」という水平線上にあるのに、まったく違う生き物みたいだ。

特に始めたばかりの、何のアクセスもないブログでアクセス解析なんか見てしまうと、さっきまでの魔法がすっかり消えて、世界中から取り残されたような、断絶された感覚になる。

魔法を消さないで。

大事なのは、キーボードを打つ手を止めないこと。

アクセス解析を見るのではなくて、手を動かす。

誰かへのメッセージではなくて、キーボードを打つ心地良さのためにブログを書くことだ。

何度も原点に立ち返ろう。

ブログで大事なのは中身じゃない。キーボードの触り心地だ。

ところで僕が書いているのは、なんの影響力もないブログだけど

はてなブログの「マインドフルネスやってみた」は月に3000件ほどのアクセスはあって、ほんの少しだけ人の役にも立っているんじゃないかとも思っている。

あとはやはり「世界に影響している」という感覚は、たとえ錯覚だとしても、悪いものじゃない。

継続は力なりというちょっとした満足感がある。