集中力が落ちている時にブログを書くと、文章力が落ちる

ものすごくシンプルな事実に気付いた。

論理構成も文章構成もめちゃくちゃで、テンポも悪ければ、何を言っているか、伝えたいメッセージさえ分からない。そんな文章になっていることがよくある。自分の文章力の低さに呆れ果てるケースが。

最初は別の原因があると思っていた。後から自分の文章をチェックすることで、文章力の問題が、急に客観性を持って露呈する瞬間なのではないかと。だけど単にそれだけなのだろうか。そうではなく、そもそも書いた時の集中力が文章の質に影響しているのではないか。なぜなら、逆にあとで見返して「そんなに悪くないな」と文章も、たまにあるにはあるのだから。

たとえば、そもそも体力が弱っている時に、アルコールで酔いながらブログを書いたりすると、その時はスラスラと書いているつもりが、後日見返すとやはり大変なことになっていたりする。書いている瞬間は確かに「キーボードを心地良く叩けている感覚」があったのに。文章構成の脳は死なずに動いていたはずなのに。それがまったくの思い込みだったことが分かる。まさに「酔ってる人は酔っていないと思いこむ」という法則だ。

文章力より集中力。集中力なしには良い文章は書けない。

ところで。

この記事を書いている今といえば、決して集中力が高い状態とは言えない。なので何が書きたいのか分からなくても、論理構成が弱くても、言い訳がましくたって、どうぞご容赦お願いする、と架空の読者にむけて訴えかける。そう俺は読者ゼロでも気にしない鉄壁のブロガー。自分が自分のファンだから、永遠に読者には困らない。のさ。そうさ。

嗚呼、やっぱり文章力自体がまだまだ弱いのかもしれない。